各種がん検診等のご案内

 7月13日からがん検診等が始まりました!

 

 新型コロナウイルス感染症の影響により、がん検診等の開始時期が遅延したため、個別検診の実施期間が延長されています。

 

 【実施期間】 令和2年7月13日 〜 令和3年2月28日

 

 

 山口市が実施するがん検診等のうち、当院で受診できる検診の内容です。
 がん検診には、山口市から送付される受診券が必要です。実施期間や検査費用については、受診券にてご確認ください。
 各種がん検診・肝炎ウイルス検診・骨粗しょう症検診については、自己負担が減額または無料になる場合があります。
 詳しくは各保健センターにお問い合わせください。

胃がん検診

胃部エックス線検査(バリウム) 胃部内視鏡検査(胃カメラ)
40歳以上 1年に1回

50歳以上 2年に1回
医師が必要と認めた方

 バリウム(造影剤)と胃を膨らませる炭酸ガスを発生させる発泡剤を飲み、胃内部をエックス線で撮影します。

 胃カメラを口または鼻から挿入し、胃内部の粘膜を直接観察します。

 

大腸がん検診

( 1年に1回の検診です )
<対象者> 40歳以上
● 問診
● 免疫学的便潜血反応(二回法)
  事前に検査キットが必要です。(当院で検査キットをお渡しいたします。)

乳がん検診

( 2年に1回の検診です
<対象者> 40歳以上
● 問診、視診、触診 (視診、触診に関しては医師が必要と認めた方のみ)
● マンモグラフィ
  専用のエックス線撮影装置で乳房を挟んで圧迫し、撮影します。
  触診では見つからないような小さながんの発見に適しています。

前立腺がん検診

<対象者> 50歳以上で偶数年齢になる男性
● 問診
● 血液検査によるPSA検査
  血液から、前立腺特異抗原(PSA)とよばれる腫瘍マーカーを調べる検査です。

肝炎ウイルス検診

( 一生に1回の検診です)
● 血液検査によるB型及びC型肝炎ウイルス検査です。

骨粗しょう症検診(女性のみ)

<対象者> 40、45、50、55、60、65、70歳の節目年齢の女性(各年度4月1日現在の年齢)
● 実施方法 : 受診の際は事前予約し、受診ハガキをお持ちください。
● 検診方法 : 問診、骨量測定
          (エックス線を利用して骨密度を測定します。検査は5 〜 10分程度かかります。)

その他

肝炎ウイルス検査(山口県が実施)

 

● 対象者  :希望者(過去に肝炎ウイルス検査を受けたことのある者を除く。)
● 実施期間 :令和3年2月28日まで
● 検査内容 :C型肝炎ウイルス検査(HCV抗体検査・HCV核酸増幅検査)
          B型肝炎ウイルス検査 (HBs抗原検査)
● 検査費用 :無料
● 検診手続 :当院窓口にお申し出ください。

トップへ戻る